メニュー

お子様の歯の治療について

 幼児の治療は、将来歯医者嫌いになり受診できないような成人にならないように、まずはお子さんとの信頼関係の確立が大切と考えています。

 これは大人で、治療放置されてひどい状態になっている方を診ていて、小さいときの歯科治療での苦い思い出がトラウマのようになっている方が多いのでそう思いました。

 小さいお子さんでも、「歯科治療が恐いとか痛い」といった先入観が無い場合は、比較的低年齢でもすんなりと治療が出来ます。

 その反面親やテレビなどから「歯の治療は痛いもの!」と教え込まれたお子さんはなかなか出来ません。

 もう、ダメなのが「おやつばっかり食べてむし歯になったら、歯医者さんで痛い治療されるで!」みたいな事言われてきたお子さん。なかなか出来ません。

 ご家庭でのそれまでの言動が大きく左右しますのでご注意ください。そういった場合は無理強いせず、すこしずつ進めていく方針です。「とりあえず早く詰めて欲しい」などの要望にはお応えしておりませんのでご了承下さい。

 また中途半端に詰めるなら、削って詰めない方がマシです。黒く変色はしますが進行止めのお薬で時間を稼ぎながら、出来るようになるのを待ったり、生え替わりを待ったりします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME